アフィリエイト戦略を考えるときはマインドマップ「XMind」が良い!

アフィリエイトサイトを作るとき、どんなツールを使ってサイトの企画や戦略を立てていますか?また、アフィリエイト商材の分析、どのようにしていますか?

今回は僕が使っている「XMind(エックスマインド)」という無料ソフトを使ったアフィリエイト戦略の立て方を紹介し、ソフトで使えるアフィリエイト戦略用のデータをプレゼントします。

XMindとは?

マインドマップをパソコンで簡単に作れるソフトの1つ。マインドマップ関連のソフトやクラウドサービスなど色々ありますが、個人的にはXMindが1番使いやすいです。

XMind (エックスマインド)

XMind は湧き出てくるアイディアを邪魔しない、優れたマインドマッピングツールです。 マインドマップだけでなくチャートも魅力的でしかも簡単に作成できます。

アフィリエイトをする上でも色々なシーンで活躍してくれます。

  • アフィリエイトの戦略を考えるとき
  • 商材情報をまとめておくとき
  • サイト構成を考えるとき
  • ページ・記事構成を考えるとき

ざっと利用シーンは様々、すごく簡単にマインドマップで頭の中を整理できます。

ヒナガタ ツカオ

僕の場合、アフィリエイト商材の特徴をまとめるとき、サイトのページ構成を考えるときに大活躍しています。Excel(エクセル)などでまとめるよりも使いやすいので気に入っています。

マインドマップとは?

自分の考えを絵で描いて整理する手法で、1枚の紙の上にメインテーマを中央に描き、そこから連想するイメージ・キーワード・内容を広げていきます。例えば、下記のようになります。

マインドマップの例

どのように深堀りしていくかは色々。上の図の場合を作るときにはこんなことを考えていました。

  • アフィリエイトの雛型を作るにあたって
  • サイトを作る目的「コンセプト」はどうしよう?
  • サイトへの「集客」はどうしよう?
  • サイトの「キャラクター」はどうしよう?

後ほどお見せしますが、このサイトも制作前からマインドマップを使ってじっくりじっくりとサイト構成を考えました。

XMindでマインドマップを作るメリット

XMindの強みは、何といっても抜群の簡単さと使いやすさかなと思います。

  • 操作が全体的に簡単
  • 項目の追加・移動が簡単にできる
  • 間違えても消しゴムで消す手間がなくて楽
  • Excelのマス目を使って表を作るよりも楽

仕事で使い慣れているOfficeソフトではマインドマップを作るのは難しいです。

Officeにはマインドマップの図は用意されていない

使い方は簡単

マインドマップを作るなら、Word(ワード)、Excel(エクセル)、PowerPoint(パワーポイント)で作ろうとするよりもはるかに簡単で楽です。「書いて」、「つまんで」、「くっつけて」の繰り返しなので。

無料でダウンロードできる

…ということで、まずはダウンロードしてみましょう。安心してください、無料で使えるソフトです。

XMind (エックスマインド)

XMind は湧き出てくるアイディアを邪魔しない、優れたマインドマッピングツールです。 マインドマップだけでなくチャートも魅力的でしかも簡単に作成できます。

XMindのダウンロードはこちら

マップの種類・デザインを選ぶ

「XMind 7」を起動するとこういった画面が表示されます。どういう形のマップにするかを選びます。後からも種類やデザインを変更できるのがすごく楽。

XMind 7 - マップの種類を選ぶ

どんなマップにするかを選んだら、次はデザインを選びます。

XMind 7 - マップのデザインを選ぶ

用意されているマップの数が多いし、マップのデザインも後から簡単に変えれるので、色々と融通がきいてすごく使いやすいです!

テーマを決めて枝葉をつけていく

マップの種類とデザインを選ぶと、まずこういった画面になります。中心トピックにお題を入れて、そこからマインドマップを作っていきます。

XMind 7 - マインドマップの作成 (1)

周りの余白のエリアでカチカチっとダブルクリックすると新しい項目が作られるので、それをドラッグ&ドロップで繋ぎ合わせながら、組み立てていきます。

1つ1つのブロックのデザインも、選んだデザインに沿って装飾されているので、文字を書いて組み立てていくところに集中できるので、楽です。

簡単な表ならExcelよりも楽に作れる

表というとExcel(エクセル)でまとめるのが鉄板ですが、簡単なものならXMindの方が楽な時もあります。「書いて」、「つまんで」、「ひっつけて」の操作で表を作っていけるので短時間でサクサク作れます。

XMind 7 - マトリックス(行)

こうやってセルをつまんで簡単にあっちこっちに移動できるのがすごく楽です。

XMind 7 - マトリックス(行)の作成

アフィリエイトにXMindはこう役立つ

実際には、例えばこんなシーンでXMindを使っています。

  • 商材の特徴をまとめる場合
  • アフィリエイトサイトのサイトマップを作る場合

活用シーンに応じて、マップの種類を選んでいます。

XMind 7 - マップの種類を選ぶ

よく使うのは、この3つですね。

  • マップ
  • ロジック図
  • マトリックス

商材の特徴をまとめる場合

アフィリエイトサイトで取り扱う商材の特徴をまとめるときは、このように活用しています。

商品情報のマインドマップ次のようなことをマインドマップにまとめておくと良いです。

  • 商材名
  • 販売ページ情報
  • 他の商材との比較
  • 使ってみた感想・レビュー

このあたりをまとめると、商材紹介のコンテンツを書く際に振り返れます。

商材情報用のマインドマップ

商材の情報をまとめておく際に便利なマインドマップのフォーマットです。商材紹介ページや商材レビューページを作る際に手元に置いておくと、ページが作りやすいです。

XMindシートのダウンロードはこちら

アフィリエイトサイトのサイトマップを作る場合

サイトマップを作るときには、「マトリックス」を使いながら作っています。

XMind 7 - マインドマップの作成 (6)

この表組みを使ってサイトの構成を考えると、すごく作業しやすいです。

サイト情報・サイトマップ

次のような項目をまとめておくのがオススメです。

  • サイト名
  • サイトURL
  • サイトコンセプト・目的
  • 書きたい内容・コンテンツ
  • 扱いたいアフィリエイト商材
  • サイト構成
  • 集客手段

どういうコンセプトで作るサイトなのか、どういうサイト構成にするか、しっかりまとめておくことで、ブレそうになったときにふり返れる資料になるので、最初の段階できっちり書いておくことをオススメします。

こちらもフォーマットを用意したので、ぜひご活用ください!

サイト構成・サイトマップ用のマインドマップ

作りたいサイトを企画する際に役立てていただけるマインドマップのフォーマットです。サイトを作っていく中、記事を書いていく中で「ブレてきたかな?」と思ったときにふり返れるシートになります。

XMindシートのダウンロードはこちら

サイトを作るときは事前の準備が大事

これは僕自身の経験でもありますが、サイトを作るときには事前の準備がしっかりていないと、サイトを作ってから軸がブレてくることが何度もありました。なので、今は「とりあえず作っちゃえ!」という軽い気持ちで作らず、しっかり構成を練ってから作るクセをつけています。

なぜ?何を?いつ?誰に?どのように?を意識する

サイトを作るときに「稼ぎたいから」は開設理由が弱いですね。稼ぎたいのはもちろんだと思いますが、稼ぎたい中で5W1Hを常に意識するべき。

  • なぜ?そのサイトを作るのか
  • 何を?そのサイトで伝えたいのか
  • いつ?そのサイトで伝えたいのか
  • 誰に?そのサイトを役立ててもらいのか
  • どのように?そのサイトを役立ててもらいたいのか

こういった意識をもつようになると、今回紹介したマインドマップのフォーマットは書きやすくなります。

商材情報用のマインドマップ

この記事で紹介したマインドマップのフォーマットをこちらからダウンロードいただけます。閲覧・編集にはXMindをインストールいただく必要があります。

XMindのダウンロードはこちら